「遺品整理士」の資格

遺品整理というのは、亡くなった方の形見分けなどで行われる作業のひとつです。

しかし、現代では時間を掛けて遺品整理をすることも、残された家族がたくさんいるというのも珍しいことになっています。
参考リンク・・・差が付く遺品整理

遺品は主に家具や衣類、そして現在では家電製品や本、CD、パソコンなど多岐にわたるようにっているのです。

突然死や孤独死などが増えているのは、長生きする人が増えて、しかも一人暮らしを選ぶ人が多いからです。

遺品整理をする人も、家族ではなく、知人や関係者ということが多くなり、新しいルール作りが必要になってきています。

まだ、民間の資格ですが、「遺品整理士」の資格が遺品整理士認定協会によって設けられています。

これは、新しいルールつくりのひとつのステップ、どうやって遺品を処理するのか、管理するのか、個人情報などをどう扱うのかなど、課題は山積されているのです。